20代、若ハゲに効果がある治療とは?

若ハゲの主要な原因は男性型脱毛症であり、この病気は年齢に関係なく起こります。

では、男性型脱毛症はどうやったら治るのでしょうか。

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンが原因で引き起こされる症状です。

では、ジヒドロテストステロンを抑止すれば良いのではと思うでしょうが、残念ながら現在ジヒドロテストステロンを抑止する方法は未開発です。

つまり、ジヒドロテストステロンに直接作用する成分がないということなのです。

そうなると男性型脱毛症は治療出来ないのかと言うとそうではありません。

発想の転換で、ジヒドロテストステロンを生成させなければ良いと考えられる様になったのです。

要はジヒドロテストステロンが生成される前段階で抑制すれば良い訳です。

そこで男性ホルモンを抑制するか、5aリダクターゼの働きを阻害するかのどちらかに作用する方策を考えたのです。

この2つに効果を発揮するのがプロペシアとフィナステリドと言う薬です。

男性ホルモンの抑制にはプロペシアで、5aリダクターゼの働きを阻害するのがフィナステリドです。

どちらも基本的には、専門医に処方してもらう服用薬です。

医師の処方箋以外でも、ネットなどで個人輸入で安価に購入する事も出来ます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ