男性型脱毛症のメカニズムとは?

20代の若ハゲの原因はそのほとんどが男性型脱毛症と言えます。

では、男性型脱毛症とは一体どんなものでしょうか。

男性型脱毛症はその名が示す通り、男性ホルモンの過多や分泌異常で起こり始めます。

男性ホルモが元々体内にある還元酵素5aリダクターゼと結び付きます。

この2つが結合することで強力な脱毛作用を持ったジヒドロテストステロンが生成されるのです。

このジヒドロテストステロンが育毛のサイクルを著しく乱します。

そのことで、脱毛のサイクルが早くなり、発毛のサイクルが遅れてくるのです。

そうすると、脱毛に発毛が追い付かなくなり、やがて薄毛になり、最終的に完全なハゲになってしまうのです。

そこまで行ってしまうと中々治る事がありません。

毛穴や毛根が死滅してしまうと、それはもう「毛生え薬」がないと治る事はないのです。

病気と同じで男性型脱毛症も早期発見、早期治療が治療の大きな鍵となります。

少しでも早く髪の毛が残っている内に治療すれば完治の可能性が極めて高くなるのです。

基本的には中々若ハゲの場合、男性型脱毛症以外の要因は考えにくく、抜毛薄毛の兆候が見えてきたら、その方向性で治療に取りかかる事が重要なのです。

放置することは絶対に止めましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ