男性型脱毛症により効果のある対策とは?

男性型脱毛症にはプロペシアとフィナステリドが効果を示します。

この2つの薬品は、そもそも男性型脱毛症や、育毛の為に開発された薬品ではありません。

どちらの薬品も元々は前立腺関連の疾患の治療薬として開発されていたもので、臨床段階でそれぞれの効果が確認されたのです。

そこで、新たに男性ホルモンの抑制や5aリダクターゼの働きを阻害する効果を見る為の臨床実験を行い、その効果が明確になったのです。

そんな経緯で、男性型脱毛症に効果を発揮する薬が実はもう1種類あります。

それはミノキシジルです。

ミノキシジルは単体で使用してもあまり効果は見られません。

あくまでプロペシア若しくはフィナステリドのどちらかと併用して使用する事をおススメします。

プロペシアとフィナステリドは、男性型脱毛症を止めて、育毛サイクルを正常に戻す事で髪の毛が生える事を待つと言った受動的な面があります。

それに対してミノキシジルは、ジヒドロテストステロンの生成においての抑止には明確な効果を示しませんが、著しい血行促進に因って発毛や育毛を能動的にするものなのです。

よって、これらの薬は併用して初めて極めて明確な効果が得られると言う事です。

もちろん、単体でそれぞれ効果が望めないと言う訳ではありません。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ